尿漏れを専門治療で解決~尿トラブルを一人で悩まない~

医者

尿漏れで悩んでいる場合は

男性

年齢が高くなると、尿失禁や頻尿などの排尿トラブルで悩む人の数が多くなります。軽い尿失禁であれば、尿漏れ対策用のパッドをあてておくという方法で対処することができます。しかし、もっと根本的な問題解決を望んでいる人は、医療機関を受診してみる方がよいです。

View Detail

正しい理解と適切な退所を

笑顔

尿漏れは非常にデリケートな問題です。病気とはわかっていても、むやみに話すことはできず、時に自尊心を傷つけてしまうこともあります。まずは、周囲が正しい理解を示し、適切な尿漏れ治療につなげられるように協力することが大切です。

View Detail

一人で悩まないこと

困る

尿漏れで悩んでいる女性はわりと多いです。仕方のないことですし、恥ずかしいことでもないので、まずはしっかりと病院へ行って診察をしてもらうことをお勧めします。最近の病院は、待合室もプライバシーが考慮されていたりと、安心して通うことができます。

View Detail

女性の3人に1人が体験者

医者

ストレッチで筋肉を鍛える

尿漏れは高齢者に起こるものだと思われがちですが、実は成人女性の三人に一人は尿漏れの経験者なのです。原因は骨盤底筋の衰えです。骨盤底筋というのは骨盤の底にあって子宮や卵巣を守る働きをしているのですが、排尿や排便もコントロールしているのです。ここが衰えると尿漏れを起こします。骨盤底筋の衰える原因は、出産による筋肉へのダメージです。また加齢やデスクワークなどでも筋肉が弱ってきます。対策としては日常生活の中で骨盤底筋を鍛えるストレッチを工夫することです。例えばデスクワークが多い女性は、椅子に座ったままゆっくりと息を吸いながら、膣を上に引き上げるようなイメージで引き締めるのです。このストレッチは電車の中で立っている時にも行うことができ、効果があります。

30分の手術で治ります

骨盤底筋の衰えによる尿漏れなら、ストレッチで治療ができます。ストレッチで改善が見られない場合の治療法は、手術が考えられます。尿道の裏側に幅が1センチ程度の人口テープを通して尿道を支えるという方法です。この治療法には2種類があり、医師の診断によって選ぶことになります。手術時間は30分ぐらいなので日帰り手術も可能ですが、普通は2泊3日の入院で行われています。痲酔も局所麻酔なので、回復が早いのが特徴です。尿漏れの治療というのは本人次第という側面があり、本人が満足すればそれで完治したことになります。多少の尿漏れは我慢できる女性もいますし、全く我慢できない女性もいます。人それぞれの性格によって治療の方法も変わってきます。